鋼の錬金術師13巻

改めて読んで、これってプライドの伏線だったのか、と思う箇所が複数。