読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死に対して

life

研究室にて、とある御方から「最近人が死ぬ本ばっかり読んでるよね」などと言われました。しかし、人が死ぬのは当り前なわけです。むしろ死なないって思っている方が変。死ぬと分かっていてからどう考えるかが大事なのでしょう。「どうせ死ぬんだからどうでもいいじゃないか。」ではなく「死ぬまでに人生を有意義に過ごそう」で行きたいところです。
実際、永遠の命があったら可能性はひろがるけど、今以上にぐでぐでな人生を過ごすことになってしまうと思う。
死をずっと意識しているのも難しい。死を常に意識しつつも前向きに生きれるといいんだろうな。


うまくまとまっていないし、まだまだ変わっていくのだろうけど、自分の死生観?はこんな感じ。