reading

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方作者: 岩田松雄出版社/メーカー: サンマーク出版発売日: 2012/11/15メディア: Kindle版購入: 3人 クリック: 3回この商品を含むブログを見る 20%程読んだ。 いつの間にか周りから持ち上げられてリーダ…

99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ(3)

99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ作者: 河野英太郎出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン発売日: 2013/06/14メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 読了。 「何もきめないことに劣る決断はない」と信じてください。 この…

99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ(2)

99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ作者: 河野英太郎出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン発売日: 2013/06/14メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る CHAPTER3 メンバー評価のコツまで読み進めた。 正直である事がポイント…

99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ

99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ作者: 河野英太郎出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン発売日: 2013/06/14メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 「命令」「指示」は有無をいわせずしたがわせるもので、受け側に自分の…

GIANT KILLING チームを変えるリーダーの掟

GIANT KILLING チームを変えるリーダーの掟作者: 梅崎修出版社/メーカー: あさ出版発売日: 2013/10/10メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る リーダー絡みの本を集中的に読んでいこうと思ってます。 達海猛は意識的に脱力して…

終物語 中

終物語 中 (講談社BOX)作者: 西尾維新,VOFAN出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/01/29メディア: 単行本この商品を含むブログ (31件) を見る 読みました。 猫物語(白)の裏話が一通り埋まって良かったです。 続終物語は本編ではなく、次回で最終話(?)なのが…

接触回数が大事

最近読んだ本より、人は接触回数、距離の近さが親近感を持つ要素の1つだそう。 広告全般は同じ法則に基づいているんだろうな。 CMとかよりも口コミを信じるのも同じ事かもしれない。 一瞬で人に好かれる6つの秘密――なぜ、あの人の周りにだけ人が集まるのか?…

素直さ

Kindleで自己PRの本を読みました。そこからの引用です。素直力を高めたい! 「素直さ」とは? 柔軟力 「環境や変化」を受け入れることができる力 傾聴力 「(自分とは異質な)他人や意見」を受け入れることができる力 自己認知、成長力 「現実の自分」を受け入…

本を読む人のための書体入門

「本を読む人のための書体入門」という本を読んでいます。 フォントは文章の「味」であるという表現がなるほどとなり、新聞社ごとに独自のフォントを持っているという事に、新聞の凄さを感じています。言葉の雰囲気を出す手段として、漫画の吹き出しに通じる…

岩手から愛知へ

岩手から愛知へ。 移動中に、iPadで読書。 新しく読んだ、下記の本が面白かった。 部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書 「プレーイング・マネージャー」になってはいけない (角川書店単行本)作者: 出口治明出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店発売…

イメージは崩れるのではなく広がる

MORI LOG ACADEMY 10 (モリログ・アカデミィ 10) (ダ・ヴィンチブックス)作者: 森博嗣,羽海野チカ出版社/メーカー: メディアファクトリー発売日: 2008/06/18メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 13回この商品を含むブログ (15件) を見るを読んでいる。2008年3…

有名ではないのはなぜか

龍馬を超えた男小松帯刀作者: 原口泉出版社/メーカー: グラフ社発売日: 2008/03/20メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 38回この商品を含むブログ (12件) を見るCSNagoyaの行き帰りで大部分を読んだ。読んだきっかけは大河ドラマの篤姫。ドラマの中でもう一…

The Bookがないからこそ日本

P. 10 一途で多様 これが著者による最も短い要約。 404 Blog Not Found:この手があったか! - 書評 - 日本という方法 この前後に物凄く反応してしまった。読書力 (岩波新書)作者: 齋藤孝出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2002/09/20メディア: 新書購入: 20人…

私塾のすすめを読んで

私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書)作者: 齋藤孝梅田望夫出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2008/05/08メディア: 新書購入: 79人 クリック: 1,862回この商品を含むブログ (314件) を見る読む前は「私塾」を個人で学んでいくための何かを表す…

妖怪の理妖怪の檻

妖怪の理 妖怪の檻 (怪BOOKS)作者: 京極夏彦出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2007/09メディア: 単行本 クリック: 11回この商品を含むブログ (25件) を見る京極夏彦さんの本に出てくる妖怪関係の話(妖怪は人々の恐怖が分解されてうんぬんかんぬんみたいな)…

一夫多妻制だった理由のひとつ

名古屋への移動の間に読んだ本に [rakuten:book:12106665:detail] がある。 脳と遺伝子に関する雑学的な感じの内容。頭をよくするには意識的にあることをして遺伝子をONしろってことらしい。結局は努力というのが結論な本。一ヶ月あること(ピアノを弾くとか)…

すべてがFになる

読むの3回目。最近マンガ版のを読んだのもあって読みなおした。新しく思ったことなどを以下につらつらと書いていきます。 人間って、単一人格者の方が少ないって思っている 日本人って、個人の中の沢山の人格を、液体のようにミックスして攪拌してしまうので…

「百器徒然袋-雨」読了

これで、文庫化されている京極堂シリーズは一通り読んだことになります。 兎に角(とにかく)とか古い?使いまわしが多くて「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」の辺りはおもしろいけど、読みづらいという感じでした。最近は読みづらいとほとんど読みづらいとは思わなく…

「四季」を読み返して

冬休みを利用して森博嗣の「人形式モナリザ」から始め、Vシリーズと「四季」を読んだ。読み始めたのがVシリーズの2作目からなのは、以前からS&M・Vシリーズをちまちま読み返していたからです。 元々読み返すのは割と好きな人間なんです。読むのは速い方だけ…